ココア味

青汁が罰ゲームにつかわれる理由

よくテレビなどを見ていると、罰ゲームに青汁が使われます。
どうして青汁なのかというと、理由は簡単です。
まずいからです。

あの独特の苦味とえぐみは他の物にはありません。
しかし、体にいいので罰ゲームにはぴったりの飲み物となるわけです。
自家製で作ったことがある人ならご存知のとおり、自分で作るとそのえぐみは果てしないものになります。

市販で売られている青汁は研究が重ねられており、それだけえぐみ、苦味を消す最低限の工夫がされています。
しかし、自宅で作るとなるとそれが分かりません。
確かに無添加、無農薬の素晴らしい青汁を完成させることができますが、まずそのままでは飲めません。

一口飲むと、本当に罰ゲームかこれはと感じるほどです。
ですから、体にいいですが、続けるための工夫が必要であるということができます。
さもなければ、毎日罰ゲームを受けることになります。

方法としては、はちみつなどの自然の糖分を混ぜてあげたり、もしくは他の例えば、りんごやバナナといった甘味の強い果物と一緒にミキサーにかけて混ぜて飲むこともできます。
こうすることで味に関しての問題が克服でき、毎日健康になるために青汁を摂取できます。
罰ゲームとはお別れです。

このページの先頭へ